menu

主催Webセミナー【構造生物学・化学・計算科学を融合させたウイルス・パンデミックに対する取り組み】2021年4月2日(金)13:00-17:00

新学術領域「高速分子動画」Webセミナー

「構造生物学・化学・計算科学を融合させたウイルス・パンデミックに対する取り組み」

我々の新学術領域「高速分子動画」はタンパク質の動的な構造を観察し、それを分子制御に活かしていくことを目的としています。その目的のため構造生物学、化学、計算科学の技術を融合して研究を行っています。我々の領域がウイルスパンデミックに対し何ができるかを考えるため、領域内外のスピーカーによるWebセミナーを開催することにしました。オープンなセミナーですので、一般の方も含め幅広い分野の多くの方々にご参加いただきたいと考えています。

開催日時 令和3年4月2日(金) 13:00-17:00 【終了しました】

開催 Zoom、参加費無料

参加登録 【参加登録フォーム】
 ※参加登録を締め切りました。
 ※登録者へは、セミナー前日までにZoom URLをお知らせします。
 

注意事項 
1.視聴予定の方は、それぞれに参加登録をお願いします。通知されたZoom URLの転送・共有はしないでください。
2.本セミナーで配信される講演内容については、発表者の許可なく、録画・録音・撮影・データのダウンロードを禁止します。

テーマ 構造生物学・化学・計算科学を融合させたウイルス・パンデミックに対する取り組み

プログラム   

13:00-13:05         岩田 想(領域代表)        はじめに
13:05-13:45         基調講演 佐藤 彰洋先生(横浜市立大)「新型コロナウイルス感染症感染流行の数値シミュレーション基盤」
        座長:岩田 想
13:45-14:15         朴 三用先生(横浜市立大)「インフルエンザウイルスに挑む」
        座長:永野 真吾
14:15-14:45         野田 岳志先生(京都大)「電子顕微鏡を用いた病原性ウイルスの増殖機構の解析」
        座長:岩田 想
14:45-15:15         林 良雄先生(東京薬科大)「COVID-19治療開発に向けたコロナウイルス3CLプロテアーゼ阻害剤の創製研究」
        座長:清中 茂樹

休憩(15:15-15:25)

15:25-15:55         北尾 彰朗先生(東京工業大)「SARS-CoV-2エンドリボヌクレアーゼのオリゴマー化阻害」
        座長:庄司 光男
15:55-16:25         村上 裕先生(名古屋大)「新型コロナウイルスに対する迅速な人工抗体創製」
        座長:野村 紀通
16:25-16:55         重田 育照先生(筑波大)「Covid-19関連タンパク質に関する計算ドラッグリポジショニング」
        座長:北尾 彰朗
16:55-17:00         南後 恵理子(東北大)    おわりに

講演要旨 【要旨

  

チラシダウンロード